POPPOのマイホーム建築日記 №001

マイホーム建築日記 序章

横浜の地に、マイホームを建てることになった、POPPO夫婦は、少しでも、より良く、納得の出来る家を造るべく、書籍、雑誌、ネット、そして住宅展示場、モデルハウスと、ありとあらゆる手段を駆使して情報収集を開始した。

西暦1998年。

時は、インターネット創世記。


我が家にも1997年にインターネットが導入されたが、当時は 

「マイホーム 建築日記」 

などと検索しても、3桁ヒットするかどうかと言う状況で、情報収集手段としては、ほとんど役に立つものでは無かった。

※ 2019年5月6日時点でのGoogleによる検索結果は、 約 5,210,000 件  である。



そんなとき、我が家をたすけてくれたのはネット仲間である。


「インターネットが、まだまだ普及していないという時代に、ネット仲間というのは、大げさ&矛盾してないか?」

いやいや、当時はパソコン通信全盛時代。

世の中では、まだまだWindowsより、MS-DOSというOSが幅をきかせていた時代でもある。

そのMS-DOSに対応したメールソフトを始めとした様々なソフトや、情報交換がパソコン通信によるネットの世界では、活発に、なされていたのである。

そんな、ネットの世界に展開していた大手プロバイタの一つがニフティサーブである。

「ニフティーサーブ」とは、今の「@nifty」である。

このニフティーサーブのFMYHOME、通称マイホこと「不動産とマイホームフォーラム」の会議室では、毎日毎日、読み切れないほどの書き込みがされていた。

書き込みは、 
住宅メーカーに関すること、家の構造に関すること、  間取りに関する相談、浴室やキッチンなどの住宅設備に関すること、シロアリ対策、などなど、 

マイホーム建築に関する、実に多種、多様、多分野に関する書き込みと共に、まさに現在のブログのようにマイホーム建築日記が、いくつもいくつもアップされていたのである。

かく言う我が家も、そういった建築日記を参考にさせてもらい、我が家の建築日記をアップすることで、非常にたくさんの方から、ご意見ご質問、アドバイス等をいただいた。

メンバーには、専門家の方もおいでになり、じつに力強い味方を得た気持ちであった。

このフォーラムで、どれだけの方々が、情報を得て、助けられたことか・・・

現在、このニフティのフォーラムと言われるサービスは、終了してしまい、必然的にFMYHOMEも閉鎖、消え去ることとなってしまった。

これから家を建てる方にとっては、実に残念な事である。


今は、情報量は増えたものの、情報が分散してしまい、情報収集は非常に難しいように思う。

家を建てることに関する相談やお助けも、果たして何処に探しに行けばいいのか迷路のような状況ではないだろうか?


このブログは、我が家が、家を建てるにあたって「不動産とマイホームフォーラム」に書き込みをしていた、マイホーム建築日記を元にしたものである。


本当は建築日記についたレス(コメント)も読んでいただくと、実に様々な試行錯誤がなされていることがわかって面白いのだが、コメントを寄せてくださった方があまりにも多く、コメントの量も半端な量では無いため、泣く泣く転載は見送った。


と、言うわけで建築日記の中で、ときどき、話が見えない部分があることはご了承いただきたい。



住宅も日々、進歩、変化しているが、多少なりとも、これから家を建てる皆様のご参考になれば、幸いである。

(と、言いつつ、 ようやく、時代が我が家に追いついてきたかな?」 と、自画自賛するマイホームなのである(笑)