POPPOのマイホーム建築日記  No.002 

序章 これまでのいきさつ


追記:この文章の中で出てくる「株式会社 藤和」は平成12年5月31日に自己破産申し立てをし、同年6月6日、破産宣告をされています。



時は、1994年?(ちょっと、怪しいな。)


横浜に住んでいる義父が、長女夫婦と2世帯住宅を建てることになった。

それまでは、一階工場、二階住居という家に住んでいのだ。

義父母、祖母、そして嫁に行くまでは長女、次女(うちの嫁さんだわな。)

早い話が、嫁さんの実家と言うことだ。

そして、義父は仕事を続けていたので、前の工場兼住居は、そのまま残された。
2階住居は、使われなくなったと言うことだ。

うちの嫁さん曰く。

「いずれお父さんが仕事を辞めたらあそこの土地は、空くよね。」

もちろん、僕は

「そうなったら、そこに僕らの家を建てよう!」

などと言ったりはしない。

そこまで、図々しい奴ではないのだ。

でも、嫁さんが、「住宅展示場を見に行こう!!」と、言うとほいほい行ってしまったりしたが。

当時は、東京の狛江というところのアパートに住んでいたが、横浜の嫁さんの実家からということも考えると、両手に余るほどの住宅展示場が行動圏内にはいるのだ。

見て回るうちに、何となく我が家の方向性が見えてきた。


「やっぱり、木の家だね。」

何故か、子供たちもコンクリート、コンクリートパネルの家にいるときより、木の家にいるときの方が、落ち着いているのだ。
床も、同じフローリングのはずなのが、コンクリートの家は、床が堅く感じられて、長時間立っていると、なにか、足が疲れてくるような気もした。

木の家がいい。

だが…。

義父の建てた家は、木造軸組構法、瓦屋根、中廊下だってこんなに長いぞ!という、「これぞ日本の家!」という「木の家」であった。

が、実に、「寒い!!」

暖かいのは、ガスやら、灯油のストーブガンガンに点けているリビングダイニングだけ。
おそらく、家の断熱性能も、あまり高くなかったのだろう。

もっとも、1990年代。
まだ「高気密高断熱」という言葉は、一般的でなく、それを歌っているメーカーも少なかった。

木造建築。
色々な工法がある。
だが、当時、我が夫婦の、あくまでもイメージなのだが、我が家のイメージとしては、「軸組」より「2×4」と言う程度のものだった。

理由は、軸組は、大工さんの腕に大きく左右されるであろう事に対し、2×4の方が、大工さんの技術に依存することが少ないのではないかと考えたのだ。
大工さん、ごめんなさい。
あくまでも、イメージです。

そんなある日、とある展示場で、建築中のモデルハウスを見せてもらった。

あまり、有名でない「株式会社 藤和」というメーカーの家を見せてもらった理由は、ただ単に、花を(ちゃんと根の付いた)くれるというそれだけの理由だったと思う。

外見としては、ごく普通のモデルハウスとしては、現実味のある、良くある(?)建物である。

早速、モデルハウスに上がらせてもらう。

何となく見て回っているときに、サッシに目が止まる。

「ん?」

ペアガラスのサッシなのだ。

メーカーの人曰く。

「この家は、高気密高断熱で、24時間換気をしてまして…。」

高気密高断熱。
聞き慣れない言葉である。

僕ら夫婦は、思わず、一生懸命、解説を聞いてしまった。

要は、家の気密を上げて、隙間風などを遮断した上で断熱性能も上げてやる。
そして、気密が高い故に機械によって、24時間、安定した換気を確保しようと言うことなのだ。

そして、説明を聞いた、嫁さんと僕は、意見の一致を見たのだった。
僕も、嫁さんも、理系の物の考え方をする癖がある。
聞いた説明は、実に、単純でわかりやすい理屈である。

「それって、正しい。」

僕は、「株式会社 藤和」でもらった資料をむさぼり読み、他の展示場の「藤和」のモデルハウスも見に行ったりした。

その後、土地の(まだ?)無い、POPPO夫婦の住宅展示場を見に行くという「マイブーム」は波のように来ては去り、またぶり返したりを繰り返していた。
展示場を見に行く事自体は、とても楽しい、アトラクションなのだが。

そして、月日は流れて、1998年の末、義母が電話をかけてきたとき(メインの用件がなんだったか、忘れたが。)何気なく一言。


「お父さん、来年工場たたむことにしたから。」
「!!」

土地の確保が、現実味を帯びてきたと言うことだ。

そのころ、下火になっていた我が夫婦の「マイブーム」であった、新築住宅の建築という興味関心は、急速に高まることになった。