POPPOのマイホーム建築日記 No.006 ハウスメーカー 選定編

スウェーデンハウスに要望

「スウェーデンハウス」の営業Nさんがアパートまで来てくれた。

嫁さんと二人で、間取りなどの要望を話す。

スウェーデンハウスの場合、地質調査などは有料で、地質調査が終わった段階でプランニングにはいるという。
当然と言えば当然である。
そうで無ければ、実際にスウェーデンハウスで家を建てる人が、建てない人の地質調査代まで払うことになってしまう。

とりあえず、その日は地質調査の申し込みは保留して、土地の測量図のコピーを渡すことにする。

スウェーデンハウスは高い!
これも、当然と言えば当然である。
スウェーデンハウスでは、外壁の枠組材に、通常の2×4材の38mm×89mmの縦枠に比べ、45mm×120mmという1.6倍もの断面積を持つ、高強度の構造材を使用している。
2×4と比較して、価格が高くなるのも頷ける。

それにしても、我が家の予算から考えるとスウェーデンハウスは高い!
と、Nさんに言うと、プラン集の中から選んで、手直しをするようにすると、決して、高くない、と言われる。

だったら、嬉しいのだが。