POPPOのマイホーム建築日記 No.028 ハウスメーカー 選定編

松下電工ショールーム見学

4/29

松下電工ショールーム
(現在は、「パナソニック リビング ショウルーム 横浜」 名称も、場所も変わっていますが。)

僕の変則勤務にいつも振り回されている我が家であるが、今日は珍しく僕の休日と世間一般の人々の祝日が一致した希な日である。

本来なら子供達を連れて行楽地の人混みの中に繰り出す(これが嫌いなんだよね、僕は)ところであるが、今のところ、とりあえず【POPPOのマイホーム】である。

いつもなら我が家で一番のスロースターターの僕が(次男もいい勝負か?)風邪気味の嫁さんを急かせ、車に乗り込み、まず、子供達を嫁さんの実家に預ける。

最初に向かったのは、そこからすぐ近くにある(横浜市神奈川区片倉)松下電工のショールームである。

今までもそのあたりは何度も通っているにもかかわらず、その存在すら気づいていなかった。

まあ、現実に家を建てようなどと思っていなければ、そう言う物は目に入らないということだ。

すっきりしない天気の午前中ではあったが、さすがに今の金利やら何やらのおかげか、結構な人が来ている。

最初に向かったのは、キッチンのコーナーだ。

僕と嫁さんが見ようと思っていたことの一つとして、寸法的な部分がある。

うちは、僕の身長が176センチ、嫁さんが166センチ。

今住んでいるアパートのキッチンカウンターの高さが80センチなのだが、これだと洗い物をしていると腰が痛くなる。

早い話が、低いのだ。今、一般的に販売されているキッチンの高さは、85センチのようだが…。

キッチンの高さは、身長÷2+5センチ と言う数字を基準にするという話も聞いていたが、やっぱり、我が家は90センチあった方が良さそうだ。

もう一つは、キッチンカウンターと後ろ側の収納までの幅である。

「藤和」「天草ハウジング」のプランだと、どちらもその幅が140センチぐらいある。

これは、2×4と言う工法を考えると、その幅を狭くするということは出来なくはないが、構造的に無理、若しくはムダが出るので避けた方がよい、とのアドバイスによるものである。

このショールームでは床にその幅の寸法が書いてあったりするので、実によい。

実際展示されているキッチンに嫁さんと二人で立ってみると、90センチではいかにも狭い。

また、収納部分が引き出しタイプのものだと、かなり広めでないと、一人がシンクに向かっていると後ろで食器などを出し入れするのに不便かもしれない。

結論として、幅が140センチぐらいあっても広すぎて困るということはなさそうだ。

さて、お次は、FMYHOME13番会議室でも話題になっていた材質の問題である。

そう、ステンレスか、人造大理石か。

はっきり言って僕は、ステンレス派である。

しかし、念のため、人造大理石との比較をしてみたわけだ。

食わず嫌いであとから後悔するのは悲しいし。

結論。
確かに、今の人造大理石は熱にも強くなったし、無垢状のものでなくても表面の仕上げ材が8ミリほどもあるので多少の傷は研磨することで対処できる。

ちなみに、エンボス加工のステンレスの物は、嫁さんの実家で使っているが、汚れが落ちにくいとのことなのでやめようと思う。

そして、シーメイドか、オーメードか。

つまり、規格品かオーダーメイドか。

確かにシーメイドならば、お得な価格になることは分かる。

でも、結局、食器洗い乾燥機やらのオプションを乗せていくことや、ちょっとした工夫で使い勝手の良くなっている収納部分を見ると…。

まあ、オーメイドだよなぁ。

キッチン廻りの我が家の予定。

収納部分、新しく買う冷蔵庫まで含めて、150万円か?

そんなに、金かけていいのかな?

続いて、ショールームの二階に上がり浴室だ。

現在のアパートの風呂は0.75坪である。

はっきり言って子供達と3人で入ると狭い!

僕が頭を洗っていると次男の頭に肘打ちが入ったりして泣いていたりする。

さすがに、風呂桶に入ってみることまでは、今回はしなかったが(本当はやってみたかったりもする!)やはり、できることなら1.25坪の浴室がいいなぁ。

ただ、どういう訳か、キッチンを見ていたときほど、あーたらこーたら考えるべきことが思いつかない。

カタログを見ていても、みんな同じ様に見えてしまう。

これは嫁さんも同意見。風呂好きの一家なんだけどね。

結論。
広くて、バリアフリーになっていればいいんじゃない?

さて、続いて、ドア、床材など。

ドアは、高気密高断熱とのかねあいがあるので、今回はあえて見ない。

床材は、本当は無垢がいいと思っているのだが、予算とのかねあいがあるのであまり見ない。

ただ、色は明るい方がよいと言うことで、嫁さんと意見の一致を見る。

外壁、屋根材なども、あまり見ない。

強いていえば、外壁に関して、今、ちまたで良く見るネズミ色のサイディングはあまり好きでない。

どうせなら青っぽい色がよい気がする。

収納のコーナーで、組立式の棚(クローゼット内部収納部材と言うそうな。)を発見。

我が家にもFMYHOMEのDさんの家のような玄関から続く収納(物置?)を作るのだが、そこの棚をどうするのかという問題があった。

前回の天草ハウジングとの話では、下手に作りつけで作るより、通販などの物で作った方が安上がりとのアドバイスがあった。

この組立式の物なら、自分らの必要なレイアウトが可能になりそうだ。

ただ、カタログのどこを見ても、許容加重の記述がない。

果たして、キャンプ道具やら、嫁さんのダイビング機材の重量に耐えられるのだろうか?

一階に戻り、照明機材を見る。

あまりぴんとこない。まあ、間取りが確定していないのだから、そんな物か。

ただ、玄関横収納などは、今アパートで使っている物を流用してもいいんじゃないか?と、思う。

そして、POPPO夫妻はコンビニでおにぎりを買い込むと、近代ホームへと向かったのであった。