POPPOのマイホーム建築日記 No.046 建築打ち合わせ編

新・見積もり

仕事が終わってからの打ち合わせは、いつも、どたばたと大騒ぎである。

早朝より仕事をしていた僕は、午後4時頃に帰宅。

夕食の準備をして(本日のメニューは、ハンバーグと、ジャガバターである。これなら、大筋作って置いて、食べる前に電子レンジに放り込めばよいのだ。)、部屋を片づけ(いかに、普段は散らかっているかってことだな。)、次男を保育園に迎えに行く。

5時過ぎ、嫁さん帰宅、長男も学童保育から帰宅。

5時半、天草ハウジングのMさん来宅。

Fさんは都合で来られないとのこと。

まあ、本日のメインイベントは、変更した間取りでの見積金額の提示なので、特に問題はない。

何しろ、家はでかくなっているし(あっ、前の日記で間違い有り。僕の確認ミスなのだが、リビングの広さは、16.8畳ではなく、なんと20.9畳だった。)、二階の床も無垢板にしたし(二階の方がフローリングの面積大きいんだよね。)、ここ数日、「新しい見積金額」に戦々恐々としていたPOPPO家である。

して、その金額やいかに…

(えっ?20万円ぐらいしか増えてない。なぜ?)

POPPO   「あのー、なんか、無理してませんか?」
M     「えっ?いえ、別にそんなことはありませんが…」
POPPO   「合板フローリングから無垢板にしただけで、けっこう高
くなると思ってたんですけど。」
M      「当初のプランにあった、無垢板パネルのキッチンと
洗面台を国産に変えたりとか、サイディングの
変更とか、そんなこんなで、相殺されてしまった
みたいです。」

おお!!なるほど。とにかく、予算大幅変更などと言う事態は免れたということだ。

良かった良かった。

さらに、6/12に行ったヤマハのショールームからキッチンのプランニングも天草に届いており、天草で仮に入れておいてくれたプランとの差額も計算してくれてあった。

まあ、決して少ない金額ではないが、十分予想していた金額だ。

なぜか、ヤマハ製の浴室に関しては、プランが届いてないようである。

POPPO  「実は、ヤマハでもグレーチングレスのお風呂が出てたん
です。」
M    「僕も、ついこの間知りました。実物は、見てないんで
すが、床はどうでしたか?」
POPPO  「えっ?ああ、あの滑り止めのでこぼこですか?ちょっと、
汚れが付きやすそうな…」
M     「いえ、傾斜が気になりませんでした?」
POPPO   「?」
POPPO嫁  「(~ヘ~;)ウーン、日立のユニットバスだと、ちょっと気に
なりましたけど、ヤマハでは特に気が付きませ
んでした。」
M     「バリアフリーでグレーチングレスにすると、どうして
も水はけの関係で床面を傾斜させることになる
ようで、せっかく入り口の段差を無くしても床
が傾斜していて滑りやすかったら、どこがバリ
アフリーなんだという気もしますよね。」

なるほど、そのとーりである。これは、またヤマハに行って現物を見て確認する必要がある。

M    「まあ、まだ時間に余裕がありますし、まだ、悩んでい
て大丈夫です。」

はは、そうそう、INAXは一度も実物を見ていないし、もしかしたら、グレーチングレスも出ているかも知れないし。

実は、僕も nifty:FMYHOME/MES/02/3554で出ていた「住宅で失敗しないための7つの自己防衛策」http://housingworld.co.jp/sevenselfdiffence/をゲットしたのだ。その中のいくつかの点を天草ハウジングに確認することにした。

Q:基礎コンクリートの幅は?
A:12センチである。
(合格!)

Q:2×4に使っている木材は?
A:SPF(スプルス)である。よく、ダグラスファーを使うという話が出るが、堅い木である故に、くぎを打つと割れることがある。尚かつ、堅い故に大工の造作の難易度が上がる。通気をちゃんと考えてやれば、SPFで十分だと思う。
(うーん、良く、分からない。でも、阪神大震災で壊れなかった2×4の家って、やっぱり、SPFだったんだろうし…)

Q:土台は、ツガとのことだが、檜、あるいは、ヒバに変更したら金額的にはかなり追加になるか?
防腐処理は、CCAでかまわない。
A:金額差には、それほど大きな物ではないと思う。次回までに調べておく。

その他に、質問した点

Q:ベランダが、一階部分の上に載っているが、雨漏り等の心配はないのか?
A:そう言う構造の家は、何軒も手がけているが、雨漏りの話は聞いたことがない。メインテナンスをきちんとやっていれば問題ないのではないか。

Q:ラップサイディングから、フラットサイディングに変更したわけだが、壁内通気層の上部の出口は問題ないか?(プランでは、変則的に一部切り妻のような屋根になっている。)
A:設計に確認しておく。

Q:この家のメンテに関して、どのようなことが予想されるか?
A:サイディングのメンテを10年に一度。見てくれを気にしなければ必ずしも塗装をその周期でする必要はないが、継ぎ目のコーキングは、それぐらいでメンテする必要がある。
金額的には、これだけの大きさの家だと、塗装代も含め、130万ぐらいは見ておいた方がよいと思う。もっとも、三分の一は足場代なので三回やれば一回分は足場にかかったということになるが。

Q:屋根材に関しては、どうか?
A:今回使おうと思っている物は、改良されて以前の物より倍は持つとメーカーでは言っている。色の退色も少なくなっているが、まあ、やはり色はあせてくる。それを気にしなければ、20年は雨漏りなどの心配はしなくて良いと思う。
ちなみに、色は、どうしてもあせてくるので、特に希望がなければ黒をおすすめする。

Q:金属製の屋根材と言う物も、あるようだが?(本に出ていたので聞いてみたかっただけ)

POPPO嫁「エー、重そう!」
POPPO  「それはちゃう!ステンに、アルミ、奮発すれば、チタ
ンもある!」
POPPO嫁 「奮発しないしない。」

A:もっぱら、色を重視する人が、選ぶのではないかと思う。それに、リフォームするには、上から葺けるのでいいようだ。性能的には、大きな違いはないと思う。

POPPO  「えーと、次回の打ち合わせは、どういうことをするの
でしょうか?ぼちぼち、契約ですか?」
M    「いえいえ。まず、この見積を良く確認していただいて、
次回の打ち合わせとなります。その時に、契約
に関する説明となりますね。」
POPPO嫁 「契約書のコピーはもらえますよね?」
M    「はい、次回、準備しておきます。」
POPPO  「ちなみに、契約の時必要な物は何ですか?」
M    「実印と、印紙代、契約金ですね。契約金に関しては、
特に規定はなくて、お客様のご都合に合わせて
決めていただいてかまいません。」

(~ヘ~;)ウーン、考えてみても、契約なんてしたことがないのだから、よく分からない。

よく分からない物は何を聞いたらよいのかもよく分からない。

ま、いいか。次回の説明を聞いてから考えよう!

なんて、お気楽なヤツなんだろう>POPPO

まあ、基本的に問題がなければ、この見積で契約、変更について差額精算と言うことになるようだ。