POPPOのマイホーム建築日記 No.060 建築打ち合わせ編

 12月12日 天草ハウジング、モデルハウスにて

早朝よりの仕事を終えた僕の帰宅を待って、成城住宅公園の天草屋敷に家族そろって行く。
(4時少し前だったかなぁ~?)

例によって、問題はうるさいガキどもである。

天草屋敷では、三階が絨毯張りの小屋裏風の部屋になっており、テレビも置いてあって、営業さんの手の空いているときは相手をしていてくれる。

しかし、こう何度も同じ所へ行っていると自ずと限界も見えてくる。

そこで、この日は、あらかじめレンタルビデオを借りておいたのだ。

そんなこんなでうち合わせ開始である。

 

まず、壁紙。

あらかじめ取り寄せてもらった、サンプルを元に考えたのだが、結局、壁紙5種類(+天井1種類)となった。
(みんな無難な物、冒険はしていない(^^ゞ)

子供達は、自分たちの部屋の壁紙を恐竜の模様にしたかったようだが、却下。

確かに、今はいいかも知れないけれど、高校生ぐらいになって彼女を部屋に呼んだとき、いかんせん、かっこわるいと思うんだが。

と、言いつつ、一階と二階のトイレの壁紙をその恐竜模様にしてしまった…(^^ゞ

 

さーて、忘れていけない外壁の色である。

できあがったサンプルを見る。

まず、「まっ青!!!」な物を却下。

それから、僕は悪くない気もしたのだが、落ち着いた感じの濃いめのくすんだ青も却下。

結局、単品で見ると水色、でも、本当の水色と並べると、かすかに緑がかっていることが分かる、水色に決定した。
(色を言葉で表現するのは難しい!!)

あ、外壁材は、いわゆるフラットサイディングで、50メートル離れてみると、ラップサイディングに見えるようなタイプの物。
(我が家では、「なんちゃってラップ」と、呼んでいる。)

外壁の色が決定したことで、その他の外回りの塗装色も決める。

破風、軒天、玄関扉、勝手口、外部飾り(勝手口の上の軒など)。

まあ、無難なところで、ホワイト。

厳密な意味では、微かにグレーがかっているのだが、経年変化等を考えると、正真正銘のホワイトよりは、この色の方がよいらしい。

玄関ポーチは、ベージュ系の30センチ角ぐらいのタイル?

 

そして、設備関係の確認に突入。

 

まず、トイレ。

型番に関しては、変更はない。

しかし、色に関しては、注文色となっているブルー系が欲しい。

この「注文色」にした場合、差額が出るかどうか、確認して置いてもらうことにする。
(確認の結果、差額無し。ただし、納品に時間がかかるとのこと。しかし、うちの場合、まだ時間があるので問題なし。)

 

ペーパーホルダとタオルリング。

INAXの普通のもの(?)でも、いいかと思ったが、せっかく、無垢板のドアに、金色のドアノブにしたのだし…。

天草で扱っている輸入物のおしゃれなものでも、金額的には、それほど高くない。

ここは、やっぱり、輸入物にする。

色は、シルバーと金のツートンにした。

 

キッチンは、以前の打ち合わせ通り、ヤマハでプランニングした物。

ところが、当初考えていた、ヤマハのフッ素コーティングのキッチンパネルは、生産中止になったとのこと。

ウーン、やっぱりINAXの抗菌タイルかぁ?

 

そして、IHコンロは、東芝の3KWの物に変更してもらうことにする。

あと、卓上型の浄水器をつけたいと思っているので、水栓金具を一つ追加してもらう。

 

 

さーて、ここで、新情報。

 

INAXからもグレーチングレスのバリアフリーユニットバスが出たらしい。

この時点で、我が家は、ヤマハのユニットバスを選択していたが、最大の理由がグレーチングレスのバリアフリーを出しているのが、ヤマハと日立ぐらいしかなかったからだ。

とりあえず、INAXの新しいカタログをもらって、後日決定とする。

 

後は、確認する物ばかりで、ほとんど変更はない。

 

強いて言えば、脱衣場のバスタオルかけを二連の物にしてもらったぐらいか。

 

ただ、洗面台と、その横のトールキャビネットの並びを逆にしたいという要望を出す。
(洗面台が窓側だった物をキャビネットを窓側に)

しかし、この件に関しては、洗面台横の窓枠との干渉の問題があって、うっかりすると設計変更となる恐れがあるらしい。これは、次回確認してもらう。
(確認の結果、問題なし。)

 

そうそう、洗濯機の防水パンは、無しにすることにした。

理由は、防水パンがあると衣類乾燥機の足が、使えなくなるから…

まあ、洗濯機の水があふれる事故の起きないことを願おう!

 

後は、コンセント等の図面をもらうが、これは、今後の検討課題である。

 

最後に、公庫に関する説明をしてもらう。

まず、必要書類として「住民税納税証明書」を準備しておくように言われる。

我が家の場合、共有名義になるので、僕と嫁さん二人分だ。

うち合わせ開始から、ここまでで、約2時間少々。

 

POPPO   「なんか、とっとと決まってしまったような…」
POPPO嫁  「やっぱり、うちって、考えてるようで、何にも考えて
なかったりして。」
M     「いえいえ、これだけ、とんとんと決まることは、少な
いですよ。」
POPPO   「聞いた話だと、打ち合わせ中にも、話が二転三転する人
もいるとか…」
M     「朝から、晩までなんてことも…やっぱり、POPPOさん
の所は、けっこう考えがまとまってると思いま
すよ。」

ウーン、実は、機能重視、しかし、あまりおしゃれなデザインという物に、縁がないからかも知れない。