POPPOのマイホーム建築日記 No.064 建築打ち合わせ編

2000年1月9日・2月2日

各方面より、「壁紙はショールームに行って大きなサンプルを見て決めた方がいいよぉ~。」とのアドバイスをいただき、さっそく、赤坂のサンゲツに行く。

が、………。

休みだった。

そうです。電話で確認しなかった私が悪いのです。

みーんなわたしが悪いのです。

で、こうなりゃ意地だ!せっかく都心まで出てきたんだから。

子供嫁さんを引き連れて、地下鉄と電車を乗り継ぎ、たどり着いたのは、両国にあるDAIKO(大光電気株式会社)のショールーム、ライティング・コア東京だ。

まあ、横浜の松下電工のショールームなどと比べればこぢんまりとしているが、天草でおすすめ(安いから?)のDIKOの照明器具がいろいろあるのだから見ておいて損はない。

早速、ショールームのお姉さんを捕まえて、プランニングをお願いすることにする。

本来、壁紙選定用に持っていた間取り図をコピーしてもらい、照明器具を選択して行く。

一度、松下電工のショールームでやったことのある作業なので、我ながら、なかなかのテンポだ。

今回のポイント。

照明器具のランプの交換が簡単な物を心がけて、選んだ。

本日のおまけ

子供達は、自転車に乗っているお相撲さんを見て、喜んでいた。

そして、10日も経った頃、プランの見積が届いた。

POPPO  「おおっ!」

照明機材の数や場所はほとんど変わらないのに、松下電工より安い金額だ。

ちなみに金額。(もちろん、定価ですよ!)

松下電工  ¥523900
DAIKO   ¥414690

この差は大きい。

まあ、確かに電工の方が、おしゃれな照明が多いと言えば多い気もするが、我が家の照明機材の選択基準は、基本的に掃除が楽で、電球の交換とかが楽で、そして、安いかどうかだ。
ウーン、なんておしゃれじゃない夫婦なんだ。

POPPO嫁 「DAIKOでいいんじゃない?」
POPPO  「だーね。」

まあ、玄関の電気ぐらいは、ちょっと、おしゃれしてもいいとは思っているが。

あ、あと、大屋根の館で見た明るさ&人感センサー。

あれは、なかなか優れ物だった。

でも、ああいうセンサーはDAIKOには無いから、松下電工製の物を着けてもらうようにしよ~と。

2月2日 確認申請合格通知!!

まあ、我が家の場合、確認申請以前に、道路のセットバックの関係などで、許可申請(?)をしなくてはならないという難問があったのだ。

その後、天草のMさんから聞いた話では、建築士さん曰く。

「北側道路のセットバックの関係で、既存の塀を直さなくてはならないかも知れない。」とのこと。

家に金をかけすぎたので、塀などはなるべく今のままにして、ペンキでも塗っておけばイイヤと思っていたのだが。

これは、僕らだけでなく地主である嫁さんの父に相談しなくてはならない。

POPPO義父  「いいよいいよ、家が建つように、いいようにしなさ
い。」

な、なんと心の広い人であろう。感謝感謝。

 

実際、測量図を事細かに確認すると、北側道路に面する塀の一部で、道路からのセットバックが、17センチほど不足している。

しかし、ここは義父が仕事の資材を搬入するために、鉄製のゲートを付けてあったところであり、それを撤去してブロックを積み直せば問題なさそうだ。

やれやれ。

家の方に関しては、元々セットバックされた境界線を基準に考えていたので、問題ない。

そして、2月2日

我が家のポスト(と、言ってもアパートだからドアに着いている新聞受け)に一通の封書が配達された。

差出人は横浜市建築局中部建築事務所。

して、内容は…

「設計審査に関する通知書」

「かねて申請されていた設計審査は、審査の結果、合格と判定したので通知します。」

ワーイ!

これで、残すは公庫だ!!

ようやく、着工に向け動き始めてきた。

ウーン、ニフティサーブのFMYHOMEの会議室初登場から、かれこれ11ヶ月が過ぎてる。

時間があった分、どれだけのご意見、アドバイスをいただいたことか。

皆様に、感謝感謝。

これからもよろしくお願いします。