POPPOのマイホーム建築日記 No.067 建築打ち合わせ編

3月5日 地鎮祭

 

067 3/5 地鎮祭

いよいよ、地鎮祭である。

今を去ること約1年前、ニフティサーブのFMYHOMEの会議室に書き込みを始めて、ようやく、やっと、とうとう、着工なのだ。
(【POPPOの家】の最初の書き込みは1999年3月17日!)

地鎮祭は3月5日、午前9時30分開始予定。

早起きに自信のないPOPPO一家は(あ、僕と、次男だけか…)前日より、嫁さんの実家に泊まり込みで、備えることにした。

とりあえず、3月4日夕刻、今の住居を出発。

あいにくの雨模様で翌日の天気も危ぶまれる。

当日までに地縄が張られると言うことだったので、嫁さんの実家に行く前に建築予定地に向かう。

なんと!現場監督のKさんともう一人の若い人で日が落ちて暗くなりつつあるなか、地縄を張っているではないか。

現場は思ったほどぬかるんでいなかったが、雨の中、メジャーを引いての作業は大変だ。

とりあえず、子供達を実家に置いて、熱い缶コーヒーを買い込んで現場に戻る。

程なく作業も終了。

Kさんは、諸々状況を説明してくれようとする。
(ほんとに、いい人なんだよね。)

「あ、詳しい話は明日でいいですよ。明日、よろしくお願いします。」

と、言いつつ、見送る。

ウーン、けっこう家が地面を占領している。

と、言うことは、苦労して義父と解体した物置を置く場所はないかも知れない。

地鎮祭当日。

うちからはPOPPO家4人と義父。

義母も来たかったらしいが、風邪が思わしくないので欠席。

幸い、雨も上がり、ときどき薄日が射している。

現場には祭壇(?)が置かれ、準備万端。

POPPO次男 「お祭りみたいだね。」

天草からは営業のMさんとSさん、現場監督のKさん。

家は嫁さんと共有名義になるが、一応僕が施主と言うことで、白い衣(?)をはおり、地鎮祭が始まった。

四方(四隅?)お清めの儀とか…諸々

そして、噂の、「エイ!エイ!エイ!」とかけ声をかけて砂山に鍬を入れる。

ちょっと、声が小さかったかな?

Kさんは元気な声でスコップを使い砂山を崩す。

最後に、Mさんの音頭で乾杯。

神主さんにお礼を渡し、天草からお酒二本をもらう。

Kさんに鎮物を預け(基礎の中に埋める)、上棟札を預かる(後日、屋根裏に備える?)

と、言うことで、無事、地鎮祭は終了した。