POPPOのマイホーム建築日記 No.092 マイホーム工事編

6月11日 天草組現場見学オフ

 

リビングダイニング
リビングダイニング

6月11日リビングダイニング

最近はウッドデッキビルダーと化しているDさんより、「雨降ったら行くから、お家見せてねぇ~!!」というリクエストを受けていた。

そして、この日は雨であった。

天草組とは、天草ハウジングで、家を建てた人、建てている人がネットで寄り集まったグループである。
中心人物Dさんの人柄が、こんな素敵なグループを作ってくれたと言っていい。

昼食後、現場に行き【POPPOの家】最初のお客様をお迎えするためにお掃除。

と言っても、建築現場は、造作大工さんの道具もすっかり撤去されていて、片づける物などはない。

多少残っている木屑を集めてゴミ袋に入れる程度。

例によってうろうろと家の中を見て回る。

前回、僕が見に来たときと変わっているところは…

 

階段手すり
階段手すり(まだ、未塗装です。)

階段廻りが完成!!

子供の攻撃対策のゴッツイ手摺りが、かっこいい!?

階段下収納 化粧ボード仕上げ
階段下収納 化粧ボード仕上げ

階段下収納もきれいに化粧石膏ボードで仕上げてある。

 

キッチンキャビネット
キッチンキャビネット

キッチンキャビネットが組み立て完成。

キャビネットと天井の隙間があったのだが、ここは廻りブチが着いて塞いであった。

 

 

 

 

 

 

リビングの隅にはトイレの便器などが梱包されたまま置いてある。

しかし、現物は指定した色である「ライトブルー」というよりも青みがかった薄いグレーと言う感じだ。

まあ、梱包にはちゃんと、「ライトブルー」と書いてあるし、なかなか良い感じの色なので良かった。

その他、空調バイパスが着いていたり、玄関の人感センサーが着いていたり…

そんなこんなしているうちに、スペシャルナビゲーター=のび太さんをピックアップしたドド子&ご主人が2時頃到着。

ウーン、やっぱり、Dさんの家の赤いボルボはかっこいい!!

早速、家の中をご案内!!

やがて、Mario&Linda夫妻とお嬢様2人も到着。

うちのガキどもは、お客さんが来たのがよほど嬉しかったのか、やたらとテンションが上がってしまって、うるさいことうるさいこと!!
(騒がしくてスミマセンでしたm(__)m)

いつもなら、「外に放り出すぞ!!」とか「ウルトラスーパーパンチするぞ!!」と言うと多少おとなしくなるのだが、この時ばかりは効果無し。

困ったものだ。

そして、この日、もう一つの予定があったのだ。

それは、先日の日記に書いた「外構屋さん」との打ち合わせである。

外構屋さんは横浜市瀬谷区にある「横浜アウテリア」という会社で、見積やプランなども結構早く対応してくれている。

3時少し過ぎ、約束通り「横浜アウテリア」の社長と設計担当の女性が到着。

部材のカタログを見ながら、プランの解説をしてもらう。

その一方で、我が家の考え方(な~んて、大仰な物じゃあないけれど…)を伝えてプランの一部変更を考えてもらうことにした。

さて、その話の中で我が家のウッドデッキ計画について。

そもそも、ものぐさを基本として家を考えてきたPOPPO家としては、毎年、塗料を塗る必要のある木製のデッキは、ちと、非現実的なのである。

しかし、一階掃き出し窓の外に洗濯物を干そうと考えているので、何らかの台が無いと物干し竿に手が届かない。

そこで考えたのがアルミ製のデッキである。

天草が見つけてきてくれたのは「三協アルミ」の物だが「デッキ」ではなく「縁側テラス」というもので、和風の家なら良いのだろうが、うちの場合いかんせん妙な感じになってしまう。

一方、A外構がプランしてきたのは「新日軽」の物だ。

「新日軽」には元々アルミの土台に木製のデッキ材を貼った物があったのだが、その木製デッキ部材を「木樹脂」という、樹脂製の物に変えた物が最近発売になったらしい。

ちらとカタログを見た時の僕のわずかな記憶によると(カタログもらうの忘れた)このデッキ材はアルミの構造材(よくあるプラスティック製の簀の子のような形状?)の表面に「木樹脂」と呼ばれる木粉を混ぜた「Mウッド」の様な樹脂をかぶせた物らしい。

値段は、デッキ材に本当の木を使った物よりは多少安い。
(YKKも同じ様なのを出しているらしいが、こちらは木製のデッキより高いらしい。)

POPPO家の予定としては1820×4550の大きさが良いのではないかと思っているが、値段的にも値引きをしてくれているので何とか手の出そうな金額だ。

とりあえず変更部分も合わせ再度、見積もりを出していただき、天草の現場監督Kさんとも連絡を取ってもらうことにした。

いずれ、現物のサンプルも持ってきて見せてくれるそうだ。

 

本当は、外構打ち合わせの時に、お出でいただいた皆さんに野次馬、ヤジ飛ばしの外野をやってもらおうと思っていたのだが…

皆さん遠慮なさっていたようで、ちょっと残念。

悲しいかな、照明器具の着いていないPOPPOの家は、雨と言うこともあり、夕刻になって薄暗くなってきた。

 

そこで、完成した(工事中には見せていただいたが)Mario&Linda邸を見せていただくことにした。

 

うちのガキどもは「ギャーギャー騒いで、ちっともおとなしくしていないから、留守番!!!!!」と言うことで嫁さんの実家に捨て置いて、Mario&Linda邸におじゃまさせていただいた。

Mario&Linda邸。

いや~、実におしゃれなお宅です。

 

例えば、POPPOの家は、

天草  「木部の塗装はどうしましょう?」
POPPO夫婦「ぜ~~~~んぶ、ナチュラルでいいです。」

などと、なーんも考えていないが、Mario&Linda邸だと一階と二階で塗装の色を変えてあったりして、実に暖かみのある落ち着いた家が演出されているのだ。

照明しかり、カーテン&レールしかり、家具しかり…

「ゆっくりしていって下さい。」などと言われようものなら本当にゆっくりしていきたくなってしまうような家だ。

 

しかし…

 

POPPO義母が外出していて不在の家に置いてきたガキどもが気に掛かる。

 

後ろ髪を引かれながら、POPPO夫婦はMario&Linda邸を後にした。

Mario&Lindaさん、素敵なお家を見せていただいて、ありがとうございました。

皆さん、せっかくお出でいただいたのに、ガキどもがうるさくて申し訳ありませんでした。

これに懲りず、完成オフ(ほ、本当にやるのかぁ?)の時にはぜひまたお出で下さい。