POPPOのマイホーム建築日記 No.094 マイホーム工事編

6月25日 照明器具取付

外構をお願いした「横浜アウテリア」との第二回目現場での打ち合わせである。

まず、化粧ブロックから変更したレンガの色をサンプルを見て選択。

続いて、インターロッキング。(地面にひく、レンガのような物。)

木樹脂製のウッドデッキの部材のサンプルを見せてもらった。

Mウッドよりはプラスティックぽい表材の中に、かなりしっかりしたアルミの芯(?アルミサッシの枠のような感じ)が入っており、今のアパートのベランダの床よりは遙かにしっかりしている。

手摺り(柵?)はデッキの巾に合わせて調整できるラティスタイプの物にしてもらうことにする。

で、問題はネームプレートである。

ポストはアメリカンポスト、ポールは黒い円筒形で電気のついていない物、でほぼ決定していたが…。
実はPOPPOの本名は、ローマ字にすると9文字なのだ。

いろいろなメーカーのネームプレートを見るとシールだと対応可能だが彫った物だと8文字までの所ばかりだ。

その時、設計担当の女性がふと思い出して車にカタログを漁りに行った。

持ってきたのは「美濃クラフト」と言うメーカーのもの。

実は、このメーカーは本来、表札屋さんなのだが、各メーカーのネームプレートを持ち込むと天然石、ステンレス、鋳物などのはめ込み、プラストなどで加工してくれるのだ。

ここに頼めば、文字数問題は解決。

字体、加工方法は、追って連絡することになった。

ちなみに、ポール、ポスト、ネームプレートのメーカーは東洋エクステリア。

POPPO  「ところで、表の水道の流しのカタログなんてありますか?」
社長   「あの、プラスティックで出来たようなヤツですか?やめた方がいいですよ。それより、レンガで囲いを作って排水口に合わせてモルタルを打った方が見栄えがいいですから。」
POPPO  「な、なるほど。」

と、言うことで、これもお願いした。

 

さて、打ち合わせも無事終わり、現場見学である。

 

この日は、電気屋さんがお仕事中。

 

そう、照明器具が次々とつけられて行く。

リビングダイニング ダイニング側から
リビング照明 ダイニングもほぼ同じ

リビングダイニングなどはただでさえ高くなっている天井に、薄型のシーリングをつけた物だから、なおのこと広く見える。

POPPO夫婦 「(~ヘ~;)ウーン、なんと、シンプルな照明なんだろう。」

この天井の高さであれば、シャンデリアのような照明器具でも、無理が無いと言えば、無理は無い。

シンプルな照明器具を選んだのは、紛れもない自分たちである。(安いし。。。)

階段手すり 養生
階段上シーリングファン 2階トイレ壁紙

強いて言うならば階段上のシーリングファンは唯一格好がいいといえるものか。
(照明器具じゃ無いけど)

玄関 ポーチライト
玄関 ポーチライト

あ、玄関表の照明は、ちょっとおしゃれだ。

電気屋 「あの~、階段下収納の蛍光灯なんですが壁巾が足りなくて水平に着かないのですが…」

ゲゲ(゜_゜;)、やっぱり、うちは電気関係に関しては詰めが甘いようだ。

縦にするのも変なので、階段の傾斜に合わせて斜めに着けてもらうことにした。

嫁さんがリビングでしきりにメジャーを引いている。

POPPO嫁  「やっぱり、ligne roset togoの3人がけと、一人がけソファーの組み合わせは、は、無理があるみたい。」

と、言うわけで「ムラウチ家具」には2人がけを二つに変更してもらうことにする。

 

あらためて、壁紙を見る。

まあ、こんなもんでしょう。

そして、二階のトイレ。

飛行機柄の壁紙。

POPPO嫁  「ひょえ~~。私、ここ使わない。」
POPPO   「でも、家に来た人、子供なんかは、あえて、ここ使
うかもよ。」
POPPO嫁  「(~ヘ~;)ウーン、かも知れない。」

そうそう、23日にアムウェイのビルトイン浄水器が届いたので、設置説明書と共に、キッチンに置いてくる。まあ、水道屋さんが、うまく着けてくれるだろう。

 

数日前、現場監督との電話での会話。

現場監督  「現場に置いてある残った材料、何か作るって言ってましたよね?どうしますかぁ?」
POPPO   「あ、はい。あれって、うちでいらないと言ったら次の現場で使ったりするのですか?」
現場監督  「そう言う場合もありますが、実を言うと、持って帰るのが面倒というか…」
POPPO   「確認しておきます。」

と、言うわけでブルーシートの下を見てみると…

あるわあるわ…

土台用のCCA処理した檜に、CCA処理してある2×6や2×10、まっさらの2×4,2×6,2×10。

普通の合板に、構造合板まである。

これなら、玄関横収納の棚ぐらい十分出来る。

うまくすれば、僕の机と本棚の骨組みぐらいは出来るかも知れない。

まあ、釘は大量に買ってこなくてはならないなぁ。

もちろん、CCA処理した物は家の中で使えないから、木樹脂デッキの階段かな?

POPPO嫁 「そこの、山積みになっているのは?」

ブルーシートをめくってみると…

電気温水器が寝かして置いてあった。いつの間に届いたのだろう?

さて、POPPO家暴走、第二弾、電化製品編である。

そろそろ、新居用の冷蔵庫と、テレビを決めておかなくてはならない。

と言うことで以前にも行った「ワットマン」に行く。

まず、冷蔵庫。

選定基準は、

「省エネ」
(いまだいたいどのメーカーでもそうか)
「切れちゃう冷凍」、
製氷用の給水タンクから製氷皿までが近いこと
(途中がパイプとかだと水垢が溜まりそう?)
で、三菱電機の「前から冷やそ」の455リットル(MR-M45X)のユーログレー、左開きに決定。

つぎ、テレビ。

最近、宣伝をよく見る「タウ」が、いいかな?と思っていたが、多少、画面がきれいな気がしたので、SONYの「WEGA」にする。

さて、大きさなのだが…

32インチか、36インチか…

値段を聞くと、6万円ぐらい違う。

その時、耳元に悪魔のささやきが…

悪魔  「6万円に1万5千円を足すと、SONYのFM/AMチューナー
内蔵DVDシステムDVPK-S300(デジタルシアターおまかせパック)が買えるよ~!」

POPPO  「と言うことで、テレビは32インチにして…」

あ~~あ、おまかせパック買ってしまった!
(5.1chスピーカーなのだ!!)

現在、あんしんサービスで、FAX電話をお借りしている。

多分、引っ越してからはFAXはあまり使わないとは思うが、やはりあると便利。

電話機を見にゆく。

POPPO  「今借りている、FAX電話はこれだね。
(SANYO SFX-72CL)」

ふと見ると「本日限り、限定5台 ¥18500 」

うちは、既にACRを申し込んでいるが、更新と言うことで手続きをすると更に¥1000引き。

で、まとめ買いで更に1万円引いてもらった。

やっぱり、うちも、金銭感覚切れてる気がする。