POPPOのマイホーム No.123 2003年の記録

その他の住宅設備に関して

我が家でつけて良かった!と言える住宅設備としては…

 

「ほし姫さま」下から見上げたところ
「ほし姫さま」下から見上げたところ

「ほし姫さま」 ブラインドのように紐で上げ下げ出来る室内用の物干し竿です。

これは我が家の洗濯脱衣場の天井に着けたのですが、洗濯機からその場で小物干しやハンガーに干せるので実に楽です。

24時間換気装置によって常に家の中の空気は動いていますので(送風口に手をかざしでもしなければ、体感出来るほどではない)冬場の室内乾燥と相まって、表に干さなくても一晩で乾きます。

 

 

洗濯流し
洗濯流し

また、洗濯機の向かい側には洗濯流しをつけたのですが、子供の泥だらけの服を洗ったり、靴を家の中で洗うことが出来るので、非常に便利です。

 

 

 

洗濯脱衣所
洗濯脱衣所

この洗濯脱衣場は、入浴前に脱いだ服を脱衣キャビネットに入れ、場合によっては洗濯流しで下洗いし、洗濯機で洗濯して、干すことまで、一カ所で出来るので実に効率がよいです。

 

 

 

 

我が家のキッチンはヤマハのドルチェと言うシリーズです。

引き出し式のキッチンキャビネット

引き出し式の食器棚は奥の食器を取り出す場合でも非常に楽です。

キッチンキャビネット

また、家電品用キッチンキャビネットは、天井近くの開き戸の下に電子レンジ、その下にトースターと炊飯器を置き、一番下にはキャスター付きの3連のゴミ箱が入ります。
我が夫婦は、比較的身長が高くて特に問題になりませんが、電子レンジの位置はやや高くて、背の低い方には使いにくいかもしれません。

ゴミ箱にキャスターが着いていることで、野菜くずなどのゴミを捨てるときに向かい側のシンクの近くまで持っていって、捨てることが出来るので便利です。

 

あと、なんと言っても「入れて良かったぁ!」と言えるのが食洗機です。

食後、すぐ食器を水につけておくと言うのがポイントですが、フライパンの焦げ付きなどを金タワシでこすり落としておいてやれば、油でべとべとしたような物でも、たいていの物はぴかぴかになります。

僕の印象としては、自分の手で洗うより、段違いに楽で毎日使っています。

 

センサー付きの玄関の照明も、なかなか良いです。

玄関ホールの照明は壁のスイッチの部分に付いたセンサーで夜になって暗くなり、尚かつ人が来ると点灯します。

玄関外の物は、60Wの電球ですが、暗くなると40Wほどの明るさで点灯し、人が来ると60Wの明るさになります。

 

他には…

将来的な家庭内LANを想定して、各部屋に空のCD管を二階納戸から(電話もテレビアンテナ線もここに一度入ってきている)入れてもらったのですが、全く使われていません。

どうも、時代は無線LANに移行してきてしまっているようで…

まあ、そのうち光ファイバーがメジャーになれば役立つかもしれません。

 

ホームシアターに関しても、当初は予定になかったのですが、とあるお宅で見てしまってからはDVDの5.1chの音の効果という物にすっかり洗脳されてしまい、後部スピーカーの配線をしてもらいました。

5.1ch リアスピーカー
5.1ch リアスピーカー

配線は天井から引き出されているのですが、スピーカーは太い集成材の入っているリビングとダイニングの間の下がり壁に設置しました。

画面はさすがに予算の問題もあって、100インチのプロジェクタースクリーンとは行かず、32インチのブラウン管テレビですが、頭の上を宇宙船やヘリコプターが駆け抜けていく音響効果は感動ものです。