POPPOのマイホーム No.131 外壁再塗装の記録

外壁色の決定

あんな色や・・・

 

こんな色や・・・

 

そんな色や・・・

 

どんな色や・・・

 

???な色や・・・

 

!!!な色や・・・

 

いろんな色や・・・

 

 

さてさて、問題は・・・・

「何色にするのか?」

である。

何しろ、周りから浮くであろうことも顧みずw、水色の家を建てた我が家である。

どうせ色を塗り替えるなら、違う色がいいんじゃないか?と、考えたわけである。

幸いにも、サッシの色は白であることから、朝倉さんからも「どんな色でも合うと思いますよ」とお墨付きをいただく。

必然的に、破風板、軒天、雨樋の色は、白のままでよいということは、あっさり決まった。

上の画像は、次男に
「父ちゃん、塗り絵、下手だね。」
と言われつつ、Photoshopで、色を塗ってみた試行錯誤の残骸である。

実は、この色決め、時系列通りに書いて行くと、大変なことになるのである。

遅まきながら、ここまでの時系列を整理したい。

4月27日
ネット上で選定した数社の塗装業者さんに見積もりをお願いする。

各業者さんとも最低1回は現場となる我が家を見てもらう。
(曽根塗装店さんだけは、忙しくてメールでのやりとりのみ)

各業者さんと、数回のメール、及び電話でのやりとりで、疑問点などを問い合わせ、返答をいただく。

6月26日
朝倉塗装さんに、お願いすることをメールする。

7月6日
我が家にて、朝倉さんと打ち合わせ。
このときに、朝倉さんに、「日本塗料工業会」の塗料用標準色色見本を借りる。

7月21日
着工である。

しかし・・・

色は、まだ、決まっておらず・・・

朝倉さんには、「サイトで見ると、北欧住宅の色なんていうのも素敵ですよ。」とか「日本の伝統色なんて、どうですか?」と大日本インキの「日本の伝統色」を持ってきていただいたり、いろいろ参考意見を伺ったり、車ですてきな家の探索に出たり・・・

こんなサイトも参考にしてみたり・・・

「和色大辞典」

工事は、着々と進み・・・

しかし、青系推進派の僕、次男コンビに対して、緑系推進派の嫁、長男コンビの頑強な反発で、色はまだ決まっておらず・・・

モニターの発色とプリンタの発色の違いに苦しみ、嫁に「インクの無駄!!」と言われながらも、僕は参考となる色を印刷し続け・・・

結局、決まったのは下地塗装の始まる寸前であった。

理想とした色は

紺青 (こんじょう)

 

#192f60

である。

ただし、この色そのものを塗料メーカーに調色してもらうと、調色料金が別途かかってしまうので、「日本塗料工業会」の塗料用標準色色見本から、一番近い色を選ぶことにした。

色番号は「75-30P」である。

ただ、この色、ネットで調べたRGBだと、全然違う色に見える。

試行錯誤の末、我が家の(あくまでも我が家の)モニターで色見本に近い色は、

75-30P

こんな感じである。

さてさて、我が家はどんな雰囲気に変わりますでしょうか・・・