POPPOのマイホーム No.141 外壁再塗装の記録

外壁再塗装完了

いろいろ、大変なことはあったが、ようやく、我が家の外壁塗装リフォーム完了である。

あまりにも早い塗装、コーキングの劣化で、家を建てて8年で再塗装、コーキングの打ち直しをすることになったわけである。

我が家のようなサイディングの場合、外壁塗装は、見栄えもさることながら、家の一番外側となるサイディングを守り、そして、家自体(サイディングの下の木材等)を守ることになるのである。

はてさて、この外壁リフォームによって、家の塗装、コーキングがどれだけ持つか。

耐久性の良さを期待したいところである。

改めて

塗装前の我が家。

建物の外回りの工事が終わり、内装工事中の写真です。 確か、このときに使っていたデジカメは40万画素ぐらいだったと思います。

元の鮮やかな水色の我が家は、こんな感じであった。

2008年5月6日 庭の木々は、大きくならないように毎年切り詰めているので、この程度ですが、切ってなかったら、おそらく2階まで届いていたと思います。 この季節は、道路脇に植えたジャーマンアイリスが見事に咲く頃です。 そして・・・・ 外壁は、ごらんの通り、すっかり白っぽくなってしまいました。 まあ、そういう色だと思えば、そういう色でいいのかもしれませんが。

それが、8年でこのように、退色してしまい、かなりみすぼらしいとまでは言わないでも、全く、初めに意図した家とは違ってしまったのは事実である。

ごらんのように、水色と言うよりは、水色がかった白い家になってしまった。

それが、今回の再塗装によって、よみがえったのだ。

これが、塗り終わった我が家の全景である。

いかがだろうか?

家の外壁は、色々な種類がある。

タイルを貼った物、我が家とは違って、始めから模様(凹凸のデザイン?)のある物、始めから塗装(着色?)してあるタイプのサイディング。

我が家のように、家を建てたときに、外壁が完成してから、塗装するタイプなどがあるわけだ。

その中で、我が家のような、何年?かごとに、塗り替えるサイディングは、今回のように、色を変えてみるという、楽しさ、面白さもあると言うことだ。

今回のブログが、何らかの形で、皆さんの参考になれば、幸いである。