家本体は、完成したので、外構工事の開始。

外構は、とりあえず、出来ていなくても生活には困らないという判断で、家の完成後に、業者さんにお願いすることにしたのだ。

実際、外構工事を後にしたことで、家本体の工事のためのスペースを庭となる場所に確保できた。

また、引越の時も、搬入口として、玄関では無く、リビングの掃出し窓から搬入できたので、スムーズに行えたという事実もある。

と、言うわけで、後回しにして正解だったという外構編である。

外構プラン

外構プラン