家を建てるときに、保険のことも考えた方が・・・

「オール電化住宅」の記事一覧

壁紙のための機械?

POPPOのマイホーム建築日記 No.094 6月22日 壁紙貼り・6月24日 新しい家具の購入

この日、僕は仕事だったので、嫁さん一人で現場に行った。目的は「てるくにでんき 」に注文した照明器具の受け取りである。で、本当ならば、嫁さんが日記を書くところであるが、「私は筆無精である!!」との主張を押し通すので、僕が伝聞を元に日記を書くことにする。10時過ぎ、現場に到着。壁紙屋さんが仕事中であった。「髭の生えた熊さんみたいな人」と「几帳面そうなお兄さん」と「とっても若そうなお兄さん」の3人である。リビングに置いてあった便器などは階段下収納に放り込まれ…もとい、仕舞われ、壁紙にのりを付ける機械が設置してあった。また、糊の飛びそうな階段手摺りなどは紙を貼って養生してある。 で、問題の照明器具は…既に到着していて、壁紙屋さんが受け取って置いてくれたらしい。
外構プラン

POPPOのマイホーム建築日記 No.091 6月4日 外構他打合せ

実は、以前より電話で売り込みをしてきていた横浜の外構屋さんが「ぜひ、うちにも見積を…」と、言うので天草に見せたのと同じ松下外装で以前作ってもらったプランを元にプランニングしてもらったのだ。 で、使っている部材のメーカーは違うのだが天草の見積と比較して 営業M 「や、や、安いですねぇ~!」 という金額だったのだ。POPPO家としては、保証やら工事の段取りなども考えて多少値段が高くても天草でお願いしようと思っていたのだが、実に、多少とは言えない金額の差が出てきたのだ。まあ、その外構屋さんとはFAXとEメールと郵便での連絡だけで、まだ実際に会って話をしたことがないので、とりあえず、そちらと打ち合わせをしてからと言うことで、天草との外構の話はストップしてもらうことになった。
キッチン シンク側

POPPOのマイホーム建築日記 No.089 5月27,28日 パイン材の内装

夕刻、POPPO一家は嫁さんの実家に移動。早速、現場に行く。大工さんは一階LDの壁のパイン材を貼っているところであった。これも、床のフローリングと同じで一枚一枚貼っていくという手間のかかる作業である。まず、部材の端を少し切り落とし(何故かな?)長さを調整したあと、下から上に向かって一枚ずつ、細い釘と何枚かおきに小さい金具を使ってはめ込む。部屋の奥を見ると…キッチン シンク側キッチンセットが入っているではないか!!POPPO嫁 「かっこいい~!」POPPO 「????こんな色だっけ?」我が家は「YAMAHA ドルチェ」の「ミスティーグリーン」と言う色を選択したのだが、グリーンと言うよりもブルーだ。しかし、型番をチェックしてみると合っている。ショールームで見たのはずいぶん前だしカタログの色(カタログの色は、信じてはいけない。)とは全然、違う。だが、油汚れが落ちやすいシリコン加工がされたものの中では一番気に入った色であるし、現物の色もけっこう良い。と言うことで、問題はなし。
足場のはずされた家の全景

POPPOのマイホーム建築日記 No.088 5月21日南側外観

とうとう、足場が外された!!! POPPO夫婦「やっぱり、ちょっと青すぎたかなぁ~。」 次男   「青じゃなくて、水色だよ。」 POPPO夫婦「(^^/(¨)ハイハイ(~_~;)」 POPPOの家は夏の西日や廻りの家の並び等を考えて真南よりは30度弱、家の正面が東に向いている。 と、言うことでこの時(午後3時頃)には、家の正面には日が当たっていないためなおさら青く見えるのだ。 家の北側の外壁 逆に家の北側に行ってみると、まだ日が当たっていて、こちらの色を見ると明るく見えていい感じだ。 もちろん、雨樋も取付終わっており、あと外観で変わるところはTVアンテナとベランダの手摺りぐらいか。

家を建てるときに、保険のことも考えた方が・・・