「外壁」の記事一覧

POPPOのマイホーム No.141 外壁再塗装の記録 外壁再塗装完了

いろいろ、大変なことはあったが、ようやく、我が家の外壁塗装リフォーム完了である。 あまりにも早い塗装、コーキングの劣化で、家を建てて8年で再塗装、コーキングの打ち直しをすることになったわけである。 我が家のようなサイディングの場合、外壁塗装は、見栄えもさることながら、家の一番外側となるサイディングを守り、そして、家自体(サイディングの下の木材等)を守ることになるのである

POPPOのマイホーム No.140 外壁再塗装の記録 色のとまり

朝倉 「ご相談したいことがあるのですが・・・」 予定では、そろそろ仕上げ塗り(上塗り)の一回目が始まる頃である。 朝倉さんと一緒に、家の外に出てみる。 朝倉 「元の色が濃いからだと思うのですが、色のとまりが良くなくて・・」 とまり、とは、塗料を塗った時の色の乗り具合である。

POPPOのマイホーム No.138 外壁再塗装の記録 下塗り 

家の外壁塗装は、きちんと仕事をしてくれる塗装屋さんであれば、基本的に3回塗りをしてくれるはずである。 まず、一回目は、元の塗料と新しい塗料が確実に密着するように、下塗りを行う。 これは、コーキングのところでも触れた「プライマー」と呼ばれるものである。
コーキング厚み不足

POPPOのマイホーム No.136 外壁再塗装の記録 コーキング 1

我が家のサイディングの表面形状の関係で、コーキングが非常に薄いところがあることが判明した。 コーキング厚み不足 両側にカッターを入れ、引き出した古いコーキング。 サイディングボードの横溝部分の厚みが明らかに不足しているのが見て取れる。

POPPOのマイホーム No.135 外壁再塗装の記録 古いコーキングの除去

さて、いよいよ、コーキングの打ち直し作業である。 まずは、古いコーキングを除去しなくてはいけない。 言うは簡単、作業は大変!!! 全て、手作業である。 まずは、サイディングの縁沿いにコーキング部分の両サイドにカッターで切れ目を入れる。 コーキングは、正しく施工されていれば、二面接着である。 つまり、左右のサイディングボードには接着されているが、奥の下地には接着されていないのである。

POPPOのマイホーム No.131 外壁再塗装の記録 外壁色の決定

さてさて、問題は・・・・ 「何色にするのか?」 である。 何しろ、周りから浮くであろうことも顧みずw、水色の家を建てた我が家である。 どうせ色を塗り替えるなら、違う色がいいんじゃないか?と、考えたわけである。 幸いにも、サッシの色は白であることから、朝倉さんからも「どんな色でも合うと思いますよ」とお墨付きをいただく。 必然的に、破風板、軒天、雨樋の色は、白のままでよいということは、あっさり決まった。
朝倉塗装

POPPOのマイホーム No.129 外壁再塗装の記録 業者さん決定!

さて、業者さん選びである。 家を建てた時の経験から、数社に絞って見積もりを取ることにする。 それぞれ、業者さんによって特徴はあり、どこが一番と決めがたいのも事実だったりする。 ましてや、金額の大きな買い物である。(家ほどでは無いが。) 数社から見積もりを取ってみると・・・ 実に、見積金額で倍ぐらい違ったりするのである。

POPPOのマイホーム No.127 外壁再塗装の記録 外壁劣化の度合い

最初に異変に気がついたのは、2006年の冬だったか、2007年の春だったか・・・ 我が家は、南北道路という恵まれた敷地に建っている。 実に日当たりはいい。 そのぶん、夏は暑いとも言えるが。 「少し、色が白っぽくなってきたなぁ。」と思ってからの外壁の退色は早かった。 まだ、いいだろう・・・と、思っているうちにあれよあれよという間に水色の我が家は白い家に変貌していこうとしていたのである。