家を建てるときに、保険のことも考えた方が・・・

「発泡断熱材」の記事一覧

気密シートと、気密テープの施工状況

POPPOのマイホーム建築日記 No.084 気密シート工事

ところで・・・気密シートの役割 以前にも書いたが、天草の営業部長さんの話にあったように、現場発泡断熱材の場合、発泡断熱材で、ほぼ、家の気密は取れてしまうとのこと。 と、言うわけで、現場発泡断熱材を使うメーカーの中には、気密シートを貼らないところもあるという。 ただ、家の気密性を上げるために貼られる気密シートの役割は、気密を上げるだけでは無く、室内の水蒸気が壁体内に入り込んで滞留し結露し、構造体を腐らせてしまう現象を防ぐ目的があるという。
屋根断熱の様子

POPPOのマイホーム建築日記 No.083 4月27日 現場

我が家は、既に外壁全面にタイベックシートが張られ、胴縁が打ち付けられてた。 家の前にはサイディングも積み上げられ、基礎と外壁の境目には水切りが取り付けられている。 早速、中に入る。 この日、作業していたのは造作大工のBさん、電気屋さん、空調屋さんである。 POPPO夫婦「w(゜o゜)w オオー!」 壁は全て発泡断熱材が充填されている。 浴室床は、まだ、雨の水が乾ききっていないためか、断熱材は吹かれていない。 が、トステムの断熱サッシが入っている! 二階へ上がる。 屋根部分はたるきが隠れてしまうほどびっちりと断熱材に覆われている。 よく見ると、先日渡した上棟札がちゃんと屋根裏に入れられていた。

家を建てるときに、保険のことも考えた方が・・・